忍者の街として知られる伊賀市のおすすめスポット

伊賀市の場所や歴史を解説

伊賀市は三重県の北西部に位置する自治体で、北部は滋賀県に面しているほか西武は京都府・奈良県と接しています。江戸時代に幕府の隠密(スパイ)として仕えた伊賀忍者の故郷として知られ、昔から忍者のイメージが強い街でした。今では自治体側が忍者市宣言をしており、忍者に関する事を観光戦略の柱にしてその戦略が大成功しています。テレビドラマやアニメの影響で忍者に強い憧れをもってきたかたは伊賀市を旅してみませんか?関西地方や名古屋からであれば意外と短時間で到着します。

上野公園では忍者好きにはたまらない場所

忍者の世界観が大好きで伊賀市を旅するのであれば、まずは伊賀線・上野市駅のすぐそばに位置する上野公園を訪れてみてください。こちらの敷地内には忍者関連博物館があり、江戸時代の忍者がどんな活動をしていたのか、あるいは忍者屋敷内にどんなカラクリを作っていたのかがわかります。さらに、手裏剣打ちといった忍者体験をする事も可能です。なお、京都などで着物レンタル店が多数ありますが、伊賀市内には忍者衣装をレンタルしている店が幾つか存在し、忍者の格好をして手裏剣打ちをする事もできます。ちなみに、上野市駅周辺には忍者の格好をして歩いている大人・子供がたくさんいますので、まったく恥ずかしがる必要はありません。

伊賀鉄道には忍者をイメージした列車が走っている

電車で上野市駅までやってくる場合、JR伊賀上野駅から伊賀鉄道に乗り換える事になります。このローカル線では明確に忍者をイメージした特別列車が毎日走っていて観光客の間では大人気です。具体的には車内に忍者のマネキンが置かれているほか、カーテンが手裏剣柄であったりします。

バイザポートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です